運輸安全マネジメント

貨物自動車運送事業法第24条の3で定める輸送の安全にかかわる情報

1.輸送の安全に関する基本的方針(平成29年度)

■輸送安全理念

ニッコンホールディングスグループは、輸送の安全が企業経営の最重要課題と認識し、安全で安心な社会の繁栄に貢献するよう、継続的改善により輸送安全活動に取り組みます。

■輸送安全方針

1.輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを認識し、その重要性を全社員が理解する。
2.人命を尊重して安全を最優先に、組織や職責を超えて一致団結して思考、行動する。
3.関係法令等を遵守すると共に、輸送の安全に関する内部監査を実施し、必要な是正措置と予防措置を講じる。
4.安全の確保に最も大切な行動は、基本動作の実行、確認の励行及び連絡の徹底である。
5.輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を行い、安全管理体制の継続的改善等を実施し、輸送の安全性の向上に努める。

■輸送安全目標

自責重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定する事故) ・・・0件
自責事故(道路交通法第67条第2項に規程する交通事故) ・・・前年比50%削減

■輸送安全重点施策

1.全ての従業員が、安全最優先の理念と行動が取れるよう輸送安全教育と指導を継続的に実施し、安全文化を醸成する。
 * 輸送の安全確保が最重要である事を認識させるために、全従業員に輸送安全方針を周知する。
 * MYK運動を強力に推進し、確実な安全確認の定着化を図り交通事故を予防する。
 * 初任自動車運転者に対し運転指導員による初任指導教育を徹底的に行う。
   また、ドライブマナーの向上に積極的に取組む。
2.関係法令を遵守し、適正な運行と労務の管理を行う。管理者と乗務員とのコミュニケーションを緊密に図る。
3.交通事故、災害を予防するための先進的ハード対策を積極的に取り入れ、安全性の向上を図り、
 ヒヤリハット収集とKYTで危険予測能力を向上させ交通事故を予防する。
4.社内外で開催されるトラックドライバー運転技能大会に積極的に参加し、運転技能を向上させ事故を予防する。
5.その他、各営業所で職場の特性に応じて施策を策定し、積極的な事故防止活動を展開する。

2.輸送の安全に関する目標と達成状況(平成28年度)

■輸送安全目標達成状況(平成28年度)

事故区分 目標 実績 達成状況
自責重大事故
(自動車事故報告規則第2条に規程する事故)
0 2 未達成
自責事故
(道路交通法第67条第2項に規程する交通事故)
9 19 未達成

■自動車事故報告規則第2条に規程する事故に関する統計

2件・・・自動車が転覆,運転者の疾病により、事業自動車の運転を継続することができなくなったもの

3.輸送の安全に関する教育及び研修の実績(平成28年度)

①教育・研修

名称 目的 対象 回数 参加者数
安全大会 事故撲滅総決起大会 安全管理要員 1 533
管理職会議 運輸安全マネジメントのコンセプト教育 安全管理要員 2 341
運行管理者研修 運行管理者としての教育 運行管理者 8 197
運行管理補助者研修 運行管理補助者としての教育 運行管理補助者 13 67
整備管理者研修 整備管理者としての教育 整備管理者 3 15
整備管理補助者研修 整備管理補助者としての教育 整備管理補助者 13 67
事故防止会議 事故防止安全教育 自動車運転者 12 全員

安全運転研修センター

名称 目的 対象 回数 参加者数
安全運転セミナー 入社前安全運転セミナー 自動車運転者 37 126
A研修 初任運転者の安全運転教育 自動車運転者 22 129
B研修 入社6ヶ月の安全運転教育 自動車運転者 13 94
C研修 定期安全運転教育 自動車運転者 3 13
特別安全教育研修 特別安全運転教育 自動車運転者 16 57
S研修 60歳以上の安全運転教育 自動車運転者 6 19
ドラコン研修 ドライバー指導員育成教育 自動車運転者 1 10
フォークリフト研修 フォークリフト指導員育成教育 フォーク指導員 8 27
自動車安全運転指導員研修 自動車安全運転指導員育成教育 自動車安全運転指導員 3 8

中部安全運転研修センター

名称 目的 対象 回数 参加者数
安全運転セミナー 入社前の安全運転セミナー 自動車運転者 25 51
A研修 初任運転者の安全運転教育 自動車運転者 22 122
B研修 入社6ヶ月の安全運転教育 自動車運転者 16 71
C研修 定期安全運転教育 自動車運転者 3 10
特別安全教育研修 特別安全運転教育 自動車運転者 10 26
S研修 60歳以上の安全運転教育 自動車運転者 0 0
ドラコン研修 ドライバー指導員育成教育 自動車運転者 0 0
フォークリフト研修 フォークリフト指導員育成教育 フォーク指導員 3 49

<<各講習風景>>

死角実技講習 フォークリフト講習 車輌構造講習 法規講習

②安全性優良事業所認証

安全性優良事業所認証

当社を安心して、ご利用頂ける様、輸送の安全の確保に積極的に取り組んでいることを示す観点から、全営業所で「安全性優良事業所」の認定を目指しております。

※45営業所で認証(平成29年3月末現在)

③グリーン経営認証

グリーン経営認証

当社を安心して、ご利用頂ける様、一定の環境基準を満たしている事を示す観点から、全営業所で「グリーン経営」の認定を目指しております。

※48営業所で認証(平成29年3月末現在)

④第48回 全国ドライバーコンテスト出場

全国ドライバーコンテスト

全国ドライバーコンテストは、法規の尊重と運転技術及び整備点検の向上を図り、交通事故の防止と環境負荷の低減に努めるとともに、トラックドライバーとしての誇りをもたせ社会的責務を自覚させる目的に、(社)全日本トラック協会主催にて1年に1度開催されます。

※平成28年度は、3名出場しました。

⑤第31回 全国フォークリフト運転競技大会出場

全国フォークリフト運転競技大会

全国フォークリフト運転競技大会は、フォークリフト運転競技を通じ、遵法精神と安全意識の高揚を図るとともに、運転の知識や技術を図り、安全作業の確立と実効ある労働災害防止の推進を進めることを目的に、陸上貨物運送事業労働災害防止協会主催にて、1年に1度開催されます。

※平成28年度は、3名出場しました。

⑥第2回 ニッコンホールディングス㈱輸送安全推進委員会「略ANS」が主催する運転技能競技大会「トラック・フォークリフト」に出場

運転技能競技大会「トラック・フォークリフト」

平成28年5月21日,22日にニッコンホールディングスグループ総勢101名の選手が出場して運転知識・技能を競いました。目的は、グループの輸送の安全性を更に向上させ、安全で安心な社会の繁栄に貢献することです。

4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

「安全管理規定PDF」の添付資料である、「安全管理体制組織図」で定めております。

5.安全統括管理者、安全管理規程、安全管理手順書

安全統括管理者:平成28年6月9日付で、取締役 本橋 秀浩を選任しております。
安全管理規程(PDFファイル) / 安全管理手順書(PDFファイル)

6.輸送の安全に関する計画(平成29年)

平成29年度の輸送の安全に関する主な行動計画は、下記の通りです。(教育訓練計画は除く)

輸送の安全に関する計画(平成27年)

7.事故・災害時に関する報告連絡体制

「安全管理手順書PDF」の添付資料である「事故災害等報告連絡手順及び体制」で定めております。

8.輸送の安全に関する教育及び研修の計画(平成29年度)

平成29年度の教育訓練計画は、安全活動推進計画を定め、具体的取り組みを策定しております。

名称 目的 対象 回数
安全大会 事故撲滅総決起大会 安全管理要員 1
管理職会議 運輸安全マネジメントのコンセプト教育 安全管理要員 2
運行管理者研修 運行管理者としての教育 運行管理者 7
運行管理補助者研修 運行管理補助者としての教育 運行管理補助者 14
整備管理者研修 整備管理者としての教育 整備管理者 7
整備管理補助者研修 整備管理補助者としての教育 整備管理補助者 14
事故防止会議 事故防止安全教育 自動車運転者 12
運転技能競技大会 トラック及びフォークリフトの運転技能の向上 トラックドライバー及び
フォークリフトオペレータ
1

安全運転研修センター

名称 目的 対象 回数
安全運転セミナー 入社前安全運転セミナー 自動車運転者 46
A研修 初任運転者の安全運転教育 自動車運転者 22
B研修 入社6ヶ月の安全運転教育 自動車運転者 21
C研修 定期的安全運転教育 自動車運転者 9
特別安全教育研修 特別安全運転教育 自動車運転者 12
S研修 60歳以上の安全運転教育 自動車運転者 11
ドラコン研修 ドライバー指導員育成教育 自動車運転者 2
フォークリフト研修 フォークリフト指導員育成教育 フォーク指導員 12
自動車安全運転指導員研修 自動車安全運転指導員育成教育 自動車安全運転指導員 10

中部安全運転研修センター

名称 目的 対象 回数
安全運転セミナー 入社前の安全運転セミナー 自動車運転者 36
A研修 初任運転者の安全運転教育 自動車運転者 24
B研修 入社6ヶ月の安全運転教育 自動車運転者 24
C研修 定期的安全運転教育 自動車運転者 0
特別安全教育研修 特別安全運転教育 自動車運転者 12
S研修 60歳以上の安全運転教育 自動車運転者 6
ドラコン研修 ドライバー指導員育成教育 自動車運転者 2
フォークリフト研修 フォークリフト指導員育成教育 フォーク指導員 6

* 自動車安全運転指導員制度を開始(平成29年3月より)

①安全運転指導員 教官 ②研修風景
安全運転指導員 教官 研修風景

9.内部監査結果及び措置内容

1.関係法令に基づき、社内監査項目(166項目)に対し、貨物運送事業認可事業所全50営業所の監査を実施いたしました。

2.更なる交通事故防止や交通弱者の保護を優先した意識付けや教育・訓練に努め、重大事故ゼロの目標を継続出来るように取り組んでまいります。

10.行政処分

今般、東北運輸局長から下記の処分を受けました。

処分年月日:平成26年10月10日
処分内容 :輸送施設の使用停止(10日車)
違反事実 :乗務の前後及び中間の点呼を実施していなかった。
当該処分に基づき講じた措置
    ・乗務前点呼にて、運行内容及び休憩・休息の具体的な指示の徹底を行います。
    ・乗務後点呼にて、次運行に対しての具体的な説明と出勤時間の指示を行います。
    ・運行終了後の拘束時間を管理し、限度時間を超えない管理を行います。
    ・1日の拘束時間などの改善基準を再度乗務員・運行管理補助者に指導し、
     上記の乗務前・乗務後点呼の中で、具体的な指導を行い遵守します。
    ・24時間点呼実施可能な状況を設定しましたので、完全実施します。
    ・点呼を受けた時間と記録簿に記載した時間のずれを帰着後の日報を再検証し、
     乗務員・点呼者双方への改善を指導し、正確な点呼を実施します。
    ・各乗務員へ、運行内容ごとに具体的な点呼の時間を再指導します。
    ・運行管理補助者全員に点呼実施の方法および営業所内の運行状況を再指導し、
     必要な点呼の完全実施を行います。

  処分を厳粛に受け止め、運行管理・整備管理の教育の徹底を図り、輸送の安全確保に努めます。


今般、北陸信越運輸局長から下記の処分を受けました。
処分年月日:平成28年3月23日
処分内容 :警告書
違反事実 :運転者に対する過労防止措置を怠っていた。
処分を厳粛に受け止め、運行管理・整備管理の教育の徹底を図り、輸送の安全確保に努めます。

今般、関東運輸局長から下記の処分を受けました。
処分年月日:平成28年8月16日
処分内容 :輸送施設の使用停止(10日車)
違反事実 :運行管理者の講習受講義務違反
処分を厳粛に受け止め、運行管理者に国土交通省の告示で定める講習を受けさせ、輸送の安全確保に努めます。

サービス導入事例はこちら

ご相談お問い合わせこちらから

お問い合わせはこちら!

Pick Up Service
海外への設備移転サービス

海外への設備移転サービス

お客様の設備を解体から据付まで一貫で輸送致します。

詳しくはこちら